2022年3月版買ってよかったモノ

【レビュー】TP-Link Archer AX53|Wi-Fi6対応のコスパ最強ルータ

TP-Link Archer AX53

家の部屋によってWi-Fiの速度が違って困る!自宅のWiFi環境をもっと速くしたい!

そんなお悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?僕もその悩みを抱えていた一人でした。

我が家はNURO 光を利用しているのですが、テレワークをしている部屋は他の部屋に比べてWiFi環境の速度が悪くて、たびたび通信速度の遅さや、場合によっては通信断が起こって仕事が進まないケースがありました。

そこで、以前、TP-Linkから販売されている高速・低遅延・大容量のWiFiを家中どこでも利用できる「Deco X60」を導入したところ快適な通信環境が実現できました。

最近、TP-Linkから新しくWi-Fi 6対応で高性能なミドルクラスのルータ「Archer AX53」が発売されたので、レビューしたいと思います!

本記事で紹介している「Archer AX53」はTP-Link様に提供いただきました。

本記事でわかること
  • TP-Link Archer AX53の外観・スペック
  • TP-Link Archer AX53のメリット・デメリット
  • TP-Link Archer AX53の初期設定方法
  • TP-Link Archer AX53シリーズの違い

まずは、ざっくりとArcher AX53のおすすめポイントを紹介!

おすすめポイント
  • Wi-Fi6対応
  • IPv6(IPoE)通信対応
  • 最大3000Mbpsの高速Wi-Fi
  • 最大接続数42台
  • OneMesh対応
  • セキュリティサービス(TP-Link HomeShield)が標準搭載
  • ギガビットLANポート×4
目次

TP-Link Archer AX53の梱包・外観

パッケージ表
パッケージ裏

パッケージは、こんな感じです。裏面には特徴がたくさん記載されていますね。

中身

中身は写真の通りです。

  • Archer AX53本体
  • LANケーブル
  • 電源アダプタ
  • マニュアル類

横から見ると、意外と厚みは薄いですね。

背面には、型番、S/N、SSIDが記載されています。

Archer AX53の入力インターフェース
  • 電源入力ポート
  • 電源スイッチボタン
  • ギガビットWANポート
  • ギガビットLANポート×4
  • WPS/Wi-Fiボタン
  • Resetボタン

TP-Link Archer AX53のスペック

商品スペック
製品名Archer AX53
価格9,000円
※Amazonより
サイズ260.2 × 135 × 41.6 mm
※幅 × 横 × 高さ
無線LAN規格Wi-Fi 6
IEEE 802.11ax/ac/n/a(5GHz)
IEEE 802.11ax/n/b/g(2.4GH
Wi-Fi速度AX3000
5GHz:2402Mbps(802.11ax、HE160)
2.4GHz:574Mbps(802.11ax)
Wi-Fi暗号化WPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprisel
周波数帯デュアルバンド
Wi-Fi範囲戸建3階建、マンション4LDK
アンテナ数4本
ストリーム数4ストリーム
有線LANポート数ギガビットWANポート×1
ギガビットLANポート×4
接続数最大42台
ビームフォーミング
OneMesh対応
動作モードルーターモード
ブリッジモード(アクセスポイントモード)

そのほかの細かなスペックは公式HPをご確認ください。

スペックの中でも特徴的なのが、Wi-Fi6です。Wi-Fi6 は第6世代のWi-Fi規格ですので、「高速」」「混雑に強い」「省エネ」になります。Archer AX53も最新のWi-Fi規格であるため、しっかりと安定して早い通信を提供することができます。

TP-Link Archer AX53 設定方法

TP-Link Archer AX53の接続方法を紹介します。

なお、アプリ画面を全てキャプチャすると、長くなってしまうのでポイントを絞って説明します。

STEP
Archer AX53を設置

Archer AX53を設置して、ONUとLANケーブルで繋ぎます。

我が家のONUはNURO光のF660Aになります。LANポートに繋いで無事に接続できました。

STEP
スマホにアプリをインストールして、ログイン

まずは、TP-Link Tetherという専用アプリをダウンロードしてインストールしましょう。

TP-Link Tether
TP-Link Tether
開発元:TP-Link Corporation Limited
無料
posted withアプリーチ
STEP
スマホをW-iFiに接続

設定アイコンをタップして、Wi-Fiをオンにします。

ルータの底面か付属のWi-Fi情報カードに書かれたSSIDとパスワードを入力します。

※この際「接続先にインターネットがありません」「インターネット未接続」などと表示されても無視です!

STEP
アプリ「Tether」を開く

アプリを起動して、「マイデバイス」画面でローカルデバイスに表示された「Archer AX53」を選択

STEP
ルーターの管理用パスワードを設定
STEP
インターネット接続タイプを選択

インターネット接続タイプを選択して「次へ」をタップします。

※Nuro光の場合は、「動的IP」になります。

STEP
Wi-Fiネットワーク名(SSID)とパスワード設定

「既定のWi-Fi設定を使用する」をタップすると、付属のWi-Fi情報カードに印刷された内容が自動的に入力されます。自分で自由に決めることもできます!

STEP
完了

以上で、アプリの設定は終了です。お疲れ様でした!

TP-Link Archer AX53 通信速度を計測

TP-Link Archer AX53導入前と導入後の通信速度を計測してみました。

では、さっそく比較していきましょう!

※Wi-Fi6対応端末であるiPhone12 mini で朝8〜9時ごろに計測した結果です。

AX53導入前

AX53設置後

AX53設置前AX53設置後
ダウンロード34.8Mbps745Mbps
アップロード3.57Mbps800Mbps

かなり、スピードが向上しています。数字を見て「ほんとに?」って思うくらいの上昇率です。やらせっぽく見えるかもしれませんが、本当のことです。めちゃくちゃ早くなりました!

AX53とAX 55を比較

AX55とは何が違うのだろうか?
どの機種がおすすめなの?

そんな疑問があるかと思いますので、他のAX55とのスペックを比較しました。

Archer AX53Archer AX55
価格
※1ユニット
※Amazonより
9,000円9,800円
最大速度AX3000
5GHz:2402Mbps(802.11ax、HE160)
2.4GHz:574Mbps(802.11ax)
AX3000
5GHz:2402Mbps(802.11ax、HE160)
2.4GHz:574Mbps(802.11ax)
LANポートギガビットポート×4ギガビットポート×4
ストリーム数44
USB対応×USB 3.0ポート×1
対応フォーマット:
NTFS, exFAT, HFS+, FAT32

機能:
Apple Time Machine
FTPサーバー
メディアサーバー
Samba サーバー

価格を除くと、大きな違いは、USBポートのありなしです。AX55には、USB3.0ポートのがあります。USBポートに外付けドライブを繋いでおけば、 AX55に接続しているデバイス間でかんたんにファイルの共有ができます。パーソナルクラウドストレージとして活用すれば、外出先からでも安全にアクセス可能です。

価格の差もそろほどないですが、パーソナルクラウドストレージとして利用がなければAX53で問題ないでしょう

TP-Link Archer AX53のメリット

具体的に、Archer X53のメリットを5つを紹介します。

  1. Wi-Fi6対応
  2. IPv6(IPoE)通信対応
  3. 最大接続数42台
  4. OneMesh対応
  5. セキュリティ機能が標準搭載

それぞれ解説していきます。

メリット① Wi-Fi 6対応

最大2402Mbps(5GHz)& 574Mbps(2.4GHz)の高速WiFi 6で、よりスムーズなストリーミングと高速ダウンロードを実現します

メリット② IPv6(IPoE)通信対応

IPv6はIPv4に代わる新しいバージョンのIPです。この通信方式の最大の特徴は、網終端装置を通さずに直接データ送受信できる点です。これにより、IPv4で混雑しているルートを回避できるため、通信速度が改善されます。

メリット③ 最大接続数42台

最大接続数は42台です。一般家庭ならば十分な接続台数ですので、接続数を気にせずに安心して利用することができます!

メリット④ OneMesh対応

Archer AX53なら、メッシュWiFiネットワークも手軽に構築することができます。OneMesh™に対応した中継器と組み合わせれば、お家全体をシームレスにカバーしながらWiFiの死角を取り除くことができます

OneMesh対応としてオススメなのがTP-Link RE605Xです!

メリット⑤ セキュリティ機能が標準搭載

標準搭載で、セキュリティサービスが搭載されていますので、安心してネットワークを使うことができます。

さらに、有償プランを申し込みをすることで、さらにセキュリティがアップします!

TP-Link Archer AX53 レビューまとめ

今回は、Archer AX53の外観や実際の通信速度、おすすめポイントについて紹介しました。

おすすめポイント
  • Wi-Fi6対応
  • IPv6(IPoE)通信対応
  • 最大3000Mbpsの高速Wi-Fi
  • 最大接続数42台
  • OneMesh対応
  • セキュリティサービス(TP-Link HomeShield)が標準搭載
  • ギガビットLANポート×4

Archer AX53は、自宅のインターネット環境を快適にしてくれましたので、大変満足しています。

設定もアプリで簡単にできるので、ネットの接続に自信がない人でも安心して導入することができます。

興味があれば購入をご検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonでの買い物がオトクになる裏ワザ

最後にAmazonでの買い物がオトクになる裏ワザを紹介します。みなさんは知っていますか?

結論から言うと、ポイントがめっちゃ獲得できます。

  • 5000円以上チャージすると初回限定1000ポイント獲
  • チャージするたびに、最大2.5%ポイント獲得

チャージするだけで、最大2.5%のポイント還元を受けられる裏ワザ。「Amazonギフト券 チャージタイプ」は、かなりおトクな仕組みですので、今回のぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

都内IT企業で働くUXデザイナー。PCデスク周りガジェットやリモートワークのネタを中心に紹介します。

コメント

コメントする

目次
閉じる