2022年上半期買ってよかったモノ

【レビュー】FlexiSpot EW8M | らくらく組み立てできる!スタンディングデスク

review-flexispot-ew8m

こんにちは、ゆーとら(@yutora)です。

テレワークが当たり前の時代になって自宅のデスク環境を見直す人たちが増えている今日この頃。

デスク環境の中でももっとも大切なのがデスクですよね。

1日何時間もデスク前で座りっぱなしだと、腰に負担がきたり、からだ全体が硬くなったりして、仕事に悪影響を及ぼすことがあるかと思います。

私はそのような悩みを解消すべく、スタンディングデスク(FlexiSpot E1)を導入して、デスクワークの快適性や腰痛への効果を実感してきました。

今回は、FlexiSpot から新製品「FlexiSpot EW8M」が登場しましので、紹介したいと思います!

これからスタンディングデスクの購入を検討している方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

本記事で紹介する「FlexiSpot EW8M」はFlexiSpot様の提供になります。

本記事を読んでわかること
  • FlexiSpot EW8Mの外観
  • FlexiSpot EW8Mのスペック
  • FlexiSpot EW8Mの組み立て手順と注意点
  • FlexiSpot EW8Mをおすすめポイント、いまいちポイント
目次

FlexiSpot EW8Mの外観

FlexiSpot EW8Mは、天板がメープル色で、脚のカラーがホワイトになっています。北欧家具との相性も良いです。

床上72cm
床上121cm

昇降範囲は、72~121cmです。最小の72cmと121cmを比較するとこんなにも違います。

1mm単位で高さ調整することができます。タッチパネル式ですので、ちょっと押すだけで動いてくれます。

数字のボタンはメモリー機能です。高さを事前に登録することでワンタッチでお気に入りの高さに自動的に調整してくれます。

FlexiSpot EW8Mの天板には、充電ポートがプリセットでついています。Type-Aが2口、Type-Cが1口あります。

足元は丸みを帯びていて、つま先がぶつかっても痛くならないようになっています。

FlexiSpot EW8Mのスペック

FlexiSpot EW8Mの基本スペックは下記のとおり。

商品スペック
製品名FlexiSpot EW8M
価格¥46,750
公式サイトより
昇降範囲72-121cm
耐荷重50kg
機能USB(Type-A/Cポート)・メモリ・ロック・障害物検知
パネルタイプタッチパネル
脚段階二段階(ピラミッド)
天板デザインEG8/EW8M/EB8Z(ガラス/木/竹柄)
天板サイズ幅122cm×奥行61cm

FlexiSpot EW8Mの組み立て手順と注意点

開封

まずは、FlexiSpot EW8Mを設置したい部屋に運びましょう。気をつけて欲しいのが、重量が40kgもあってかなり重たいです。一人の場合は引きずって動かすことしかできませんので、無理しないでください!

中を開けると、しっかりと緩衝材に包まれて、梱包されています。どんな衝撃でもしっかりガードできる気がしますね。

角も緩衝材でしっかりとガードされています。

なんだか初めて見る緩衝材だったので写真をパチリ!ダンボールと発泡スチロールが一体化していました。取り外しもカンタンでした。

付属品をチェック

こちらは天板です。裏側です。引き出しが勝手に開かないように養生テープで固定されていました。

こちらは支柱です。これも重たい。

支柱に取り付ける脚と説明書と電源コード、最後に組み立て用のネジ類です。

天板に支柱を取り付ける

中身をチェックしたらさっそく天板に支柱をつけましょう。片方の支柱に4本ネジが必要です。支柱に必要なネジは合計8本です!

支柱に脚を取り付ける

支柱にネジを取り付けたら、次は脚を取り付けます。

脚の裏側に4本ネジで止めるところがあるので、止めましょう。両側合わせると合計8本です。ネジの取り付けは以上です!

付属の六角レンチだけであっという間に作業が終わったので、驚きました。

足裏にカグスベールを取り付ける

ぼくは、FlexiSpotを導入する際には、足の裏にカグスベールを取り付けることにしています。理由はカンタンで、移動が容易になるからです。

約40kgのスタンディングデスクなので、今後の部屋のレイアウト変更にも対応できるようにしておきます。気軽に移動ができるのでオススメです!

脚の床設置部分にカグスベールを取り付けています。カグスベールの購入サイズを間違えて少し小さめになってしまいましたが、問題なくFlexiSpot EW8Mが滑ることが確認できました!

電源周りを接続

FlexiSpot EW8Mを起き上がらせて、電源周りを接続します。起き上がらせるときは二人がかりでやりました。一人だとちょっと怖い。

アダプタに電源コードを接続

アダプターとモーターに連続するケーブルをコントローラーに接続します。

完成

完成です。写真を撮りながらでしたけど30分くらいで組み立てが終わりました。思ったよりも早く終わりました。

また、工具も六角レンチ1本とネジ16本を閉めただけなので、本当にらくちんでした。

重さがネックですけど、工作が不得意な人でもカンタンに組み立てることができます!

パソコンを置いてみるとこんな感じです。

FlexiSpot EW8Mのおすすめポイント

FlexiSpot EW8Mのおすすめポイントをまとめてみました。

FlexiSpot EW8Mのおすすめポイント
  1. お気に入りの高さを4つも保存できる!
  2. USB充電ポートでスマホもらくらく充電
  3. 広々とした引き出し
  4. 可愛くおしゃれなメープル天板
  5. 動作音はそれほどうるさくない

スタンディングデスクなので高さ調整は当たり前という前提でポイントを絞っています!

ひとつひとつ詳しく解説します!

お気に入りの高さを4つも保存できる

FlexiSpot EW8Mはキーパッド式の高さメモリ機能があります。ボタンが4つあるので、お気に入りの高さを登録することができます。

「座った状態」」「立った状態」など好みのシーンに合わせて登録することができます。

僕の場合は、「座り作業時」「フィットネスバイク利用時」「立ち作業時」の3パターンをメモリに記憶しています!

充電ポートの右にある白いボタンはロック機能です。小さな子が勝手に触って怪我しないような安心設計です。

USB充電ポートでスマホもらくらく充電

FlexiSpot EW8MにはTyope-Aポートが2口、Type-Cポートが1口あるのが特徴的です。

デスクの上に電源タップを置いたり、壁際のコンセントまで充電器のケーブルを伸ばさなくても、このポートを利用することで充電することができます!

電源コードは引き出しの中にしまっておいて、必要なタイミングで充電すれば常にデスクをすっきりときれいに保つことができます!

広々とした引き出し

FlexiSpotのスタンディングデスクのシリーズの中でも、引き出しがあるデスクは少ないです。

引き出しがあることで、ペンやノートなどの文房具、キーボードやマウスといったPC周りのガジェットも収納することができます。

ちょっとした小物をさっとしまうことができる引き出しはめちゃくちゃ便利です!常にデスクをきれいに保つことができます。

引き出しサイズは、66.6×31.5×4cmです。

可愛くおしゃれなメープル天板

FlexiSpot EW8Mはメープルの天板があります。メープルは明るい色合いで北欧インテリアとの相性が良く部屋全体が明るくナチュラルな印象になります。

男性よりも女性向きのカラーではないでしょうか。

今回のデスクは子どもの学習机としての利用も視野に入れているので、メープルにしました。

他にも竹柄、強化ガラスなど多種多様な天板デザインがあります。

動作音はそれほどうるさくない

端末の音量によってしまうかもしれませんが、参考までに動画にしてみました。

ウィーンという音がします。音自体は発生するのですが、それほどうるさいという感じはしません。

FlexiSpot EW8Mのイマイチなポイント

FlexiSpot EW8Mのおすすめポイント
  1. 重たいので移動が大変
  2. 価格が高価

ひとつひとつ詳しく解説します!

重たいので移動が大変

これはスタンディングデスク全般に言えることですが、めちゃくちゃ重いです。大人一人では持ち運びすることはできません。そのため、部屋のレイアウト変更ではかなり重労働になるかと思います。

そんな悩みを解決する方法はあります。それは、カグスベールを脚裏に貼り付けておくことです。

こうすることで、床との摩擦がなくなりカンタンに移動することができます。

価格が高価

FlexiSpot EW8Mの購入価格は、46,750円です。普通にデスクの価格で考えた場合は、相場よりも高いと思います。普通のデスクならニトリで買えば1〜2万円くらいで購入できると思います。

ただ、普通のデスクを買うならばもう少し安いのを選ぶでしょう。しかしながら、スタンディングデスクならば決して高くない値段だと思います。

実際に、ぼくはFlexiSpot EF1を半年前に購入して毎日使用していますが、本当に買ってよかったと心から思います。ですので、スタンディングデスクに興味・関心があるひとは是非とも試してもらいたいです。

FlexiSpot EG8 カラーの種類

ブラック
ホワイト
竹柄
メープル

天板のカラーラインナップは4種類でカラーバリエーションも豊富です。ただ、脚の組み合わせを変えることができないのが難点かも。

FlexiSpotの天板セットのデスクシリーズの紹介

天板セットのラインナップは6種類あります。全てがAmazonで購入できます!

型番SD1ED1BE9UD4WUD6EG8/EW8M/EB8Z
(ガラス/木/竹柄)
モーターシングルモーターシングルモーターシングルモーターシングルモーターシングルモーターシングルモーター
耐荷重40kg50kg50kg40kg45kg50kg
本体重量22.7kg/24.3kg30.0kg30.5kg48.7kg38.4kg38.6kg
対応天板サイズ80×60×1.8cm / 100×60×1.8cm120×60×1.6cm120×60×1.8cm121×60×1.5cm120×60×1.6cm120.2×60×6cm
昇降範囲55〜89cm73〜123cm73〜123cm75〜125cm73〜125cm72〜121cm
昇降スピード15mm/s25mm/s25mm/s25mm/s25mm/s25mm/s
パネルタイプ押しボタン押しボタン押しボタン押しボタン押しボタンタッチボタン
機能障害物検知メモリ・障害物検知USB・メモリ・障害物検知メモリ・障害物検知無しUSB・メモリ・ロック・障害物検知
脚段階二段階(ピラミッド)二段階(ピラミッド)二段階(ピラミッド)二段階(ピラミッド)二段階(ピラミッド)二段階(ピラミッド)
価格¥ 24,200¥46,750¥35,200¥55,000¥58,300¥46,750
リンクAmazonでチェックAmazonでチェックAmazonでチェックAmazonでチェックAmazonでチェックAmazonでチェック

FlexiSpot EW8Mはこんなひとにおすすめ!

FlexiSpot EW8Mのおすすめポイント
  1. 長時間のデスク作業をする人
  2. デスク周りにUSB充電ポートが欲しい人
  3. マンションなどに住んでいて騒音を気にする人
  4. 可愛くおしゃれなスタンディングデスクが欲しい人
  5. 子供用の学習机の検討している人

まとめ

今回はスタンディングデスク「FlexiSpot EW8M」についてレビューしてきました。

FlexiSpot EW8Mを使ってみて感じた使用感・メリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

おすすめポイント
いまいちポイント
  • お気に入りの高さを4つも保存できる!
  • USB充電ポートでスマホもらくらく充電
  • 広々とした引き出し
  • 可愛くおしゃれなメープル天板
  • 重たいので移動が大変
  • 価格が高価

デスクをスタンディングデスクすると、ちょっとした気分転換が容易にできたりして仕事にメリハリを与えてくれます。僕はスタンディングデスクを導入して半年以上ですが、本当に生産性や仕事への取り組みが変わったと思っています。

FlexiSpot EW8Mは新しいデスクとしてまた仕事にメリハリを与えてくれる最高のデスクになると思います。

ぜひ、FlexiSpot EW8Mの購入を検討している方は参考にしてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

都内IT企業で働くUXデザイナー。PCデスク周りガジェットやリモートワークのネタを中心に紹介します。

目次