Kagg.jpでオカムラシルフィーを定価より安く購入する方法

※アフィリエイト広告を利用しています

オカムラシルフィリーは10万円以上するから買えないよ〜

と諦めている方はいませんか?

確かに、Amazonや楽天でオカムラシルフィーで検索すると10万円台のものばかりです。

そんな高価なオフィスチェア、オカムラシルフィーですが、私は10万円以下でオカムラシルフィーを買えました。

結論としては、Kagg.jpで買えば10万円以下で買えます!

頑張れば7万円台であのシルフィーが新品で手に入ります

実際に私は、オカムラシルフィーをKagg.jpで77,770円で購入しています。

こちらが実際に私が買った時の購入履歴です。

今回はその77,770円で購入した時の購入方法とスペックを記事で紹介したいと思います。

みなさんも同じように定価よりも格安でオフィスチェアが買えます!

\ 期間限定!新規会員登録で3,000円オフ/

オフィス家具が最大50%オフ!送料無料でメーカー正規品をお届け

目次

10万円以下でオカムラシルフィーを買う方法

まず結論から言うと、Kagg.jpで買えば、最小スペック構成ならばオカムラシルフィーを10万円以下で購入することができます。

では、さっそく紹介します。

まず最初に、Kagg.jpにアクセスします。

そして、オカムラシルフィーを探してみます。

オカムラシルフィーは、オフィスチェアの人気ランキング1位なのでトップページ内ですぐに見つかります。

クリックすると、製品ページに飛びます。

すると、もうすでに定価よりも24%OFFになっています!

その価格は、なんと¥100,540です。

あとちょっとで10万円を下回ります。

注目するべき点は、ここ!

会員登録することで、さらに ¥ 13,970 OFF になります。

では、さくっと会員登録を終わらせるとどうでしょうか?

みてください。会員登録することで、オカムラシルフィーの価格が10万円以下になっています!

すごい!会員登録しただけなのに、価格はなんと¥85,030になりました。これは安い!

計算すると以下のとおりです。

割引

¥133,980(参考価格)ー ¥48,950(会員割引)= ¥85,030(合計)

ご覧の通り、面倒な手続きやクーポンを探し回らなくても、ふつーに会員登録して買い物ボタンをポチッとするだけで、約5万円近くも割引になりました!

めちゃくちゃ楽じゃないですか?

Amazonや楽天で購入するよりもはるかに安く購入することができます。

おまけに以下のサービスが全部無料なので、余計な出費がありません。

サービス
  • 送料:無料
  • 組立・設置サービス :無料
  • 不要なチェアの回収(同等品・同数に限る):無料

実際に、私もKagg.jpでオカムラシルフィーを購入費用以外全く出費がありませんでした。

Kagg.jpの配送は安心

オカムラシルフィーは、専門の配送業者が届けてくれました。

梱包も綺麗に段ボールに収まっていて、配送業者の方も丁寧に開梱してくれたので、なにひとつ傷はありませんでした。

段ボールのゴミも一緒に持ち帰ってくれるので、片付け不要ですぐにオカムラシルフィーを使い始めることができます

Kagg.jpの評判や口コミ

Twitterを中心に口コミを集めてみました。

色々と探してみましたが、悪い口コミ・評判は見つけられなかったです。

どちらかというと良かったという感想が多かったです。

Kagg.jpは安心してオフィスチェアを購入できるサイトかと思います。

Kagg.jpの安さの理由を調べてみたので、参考にしてみてください。

見積もり/納期/発送の連絡が丁寧

Kagg.jpっは割引率が良い

Kagg.jpで買うと安くなる

オカムラのオフィスチェアは他サイトより安い?

Kagg.jpでオカムラシルフィーを定価より安く購入する方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

Kagg.jpで買えばオカムラシルフィーを定価よりもかなりの割合で安く購入することができます。

Kagg.jpのおすすめな点をまとめると以下のとおり。

Kagg.jpのおすすめな点
  • 割引率が高い
  • 日本全国送料無料
  • 専門スタッフが組立・設置まで対応
  • メーカー直送の正規品(新品

私もKagg.jpで安くオカムラシルフィーを購入できました。

これからオフィスチェアの購入を検討している方は、ぜひKagg.jpでの購入を全力でおすすめします。

\ 期間限定!新規会員登録で3,000円オフ/

オフィス家具が最大50%オフ!送料無料でメーカー正規品をお届け

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

都内IT企業で働くUXデザイナー。PCデスク周りガジェットやリモートワークのネタを中心に紹介します。

目次